何とか雨の上がった歩荷農場。
「本日のピッツァ 140430」_a0120513_1973626.jpg

今日30日は、お待ちかね「ピッツァの日」。
「本日のピッツァ 140430」_a0120513_198173.jpg

水溜りが多い悪条件にも負けず、石窯PIZZA屋台「boccheno(ぼっけーの)」さん、歩荷
農場にて開店です。
「本日のピッツァ 140430」_a0120513_1910358.jpg

国産小麦粉と天然酵母の自家製生地を薪の力で焼き上げた本格ナポリピッツァ。
お馴染みのマルゲリータ、4種のチーズに加え、本日の ”歩荷スペシャル” 。
「本日のピッツァ 140430」_a0120513_1992315.jpg

「歩荷のとろとろカルボナーラ」ならぬ「玉子かけピッツァ」。
「本日のピッツァ 140430」_a0120513_19262279.jpg

安易なネーミングと馬鹿にすることなかれ。カルボナーラと異なり、クリーム系のソースで
は無いので、卵本来の濃厚な味わいがストレートにやって来ます。とろとろ加減も絶妙で、
クラタペッパーさんの黒胡椒との相性も抜群。
「本日のピッツァ 140430」_a0120513_19275481.jpg

そして「本日のピッツァ」は、「チャーシューとクレソンのピッツァ」。
「本日のピッツァ 140430」_a0120513_19303947.jpg

癖のない上品なチャーシューの存在感がしっかりと。チーズとも良く合っています。
個人的には、この上に惜しげもなくトッピングされた生のクレソンが欲しかったかな。
by bocca-farm | 2014-04-30 19:48 | 地産地消 | Comments(0)

「タンポポの土手」

歩荷農場ではあたりまえの風景、「タンポポの土手」。
農場内では、あちこちでたくさんの黄色いタンポポの花が咲き乱れています。
「タンポポの土手」_a0120513_18574592.jpg

ところが、歩荷農場を訪れる方々に、”今どきこんなにたくさんのタンポポを見るのは珍し
いね。” と頻繁に言われ気が付けば、確かにこんな田舎の農村にもかかわらず、ほとん
どお目にかかることのないタンポポの花。除草剤をまき散らした末の悲しい現実です。

タンポポのような生命力の強い植物でさえも除草剤には敵いません。
そんな凄まじい薬剤を散布しても枯れないよう耐性を持たせた恐るべき植物が遺伝子組
み換え作物なのです。
オバマ氏の来日で、TPPの関税問題が話題になっていますが、TPPの本当の恐ろしさは、
そんな経済的な問題などではないことを日本国民は危機感を持って認識すべきであると
強く感じています。
by bocca-farm | 2014-04-29 19:16 | | Comments(0)

我が家のおすすめ、「心の一冊」。
谷川俊太郎が、一夜で綴り、 松本大洋が、二年かけて描いた「かないくん」
「心の一冊 かないくん」_a0120513_1858325.jpg

” 死ぬとどうなるの。”
by bocca-farm | 2014-04-27 19:04 | お気に入り | Comments(0)

先日、配達の途中で見つけました。
「にっしんやぎファーム」_a0120513_18464818.jpg

「にっしんやぎファーム」
「にっしんやぎファーム」_a0120513_1847237.jpg

犬小屋のようなお家には少々ビックリ。
我が家の「メイ」では小さ過ぎて、とても入れそうにありません。
「にっしんやぎファーム」_a0120513_18471579.jpg

どうやら、柴やぎさんのようです。
「にっしんやぎファーム」_a0120513_18472576.jpg

場所を移動しながらの除草が目的とのこと。
「にっしんやぎファーム」_a0120513_18473584.jpg

日本ザーネン種の「メイ」と比べると、まるでぬいぐるみのように小ぶりなやぎさんたちでした。
by bocca-farm | 2014-04-25 19:13 | やぎ | Comments(0)

来週の水曜日4月30日は、「ピッツァの日」。
「ピッツァの日 Apr-2014」_a0120513_2114656.jpg

石窯PIZZA屋台「boccheno(ぼっけーの)」さん来場です。
このところ、月一「ピッツァの日」が恒例となっている歩荷農場。ちなみに、5月が29日木曜日、
6月が24日火曜日の予定です。
「ピッツァの日 Apr-2014」_a0120513_19553311.jpg

国産小麦粉と天然酵母の自家製生地を薪の力で焼き上げた本格ナポリピッツァ。
究極のスローフードをファストフードでお届けします。
「ピッツァの日 Apr-2014」_a0120513_1959913.jpg

定番「マルゲリータ」。
「ピッツァの日 Apr-2014」_a0120513_21444271.jpg

絶品「4種のチーズ」。
「ピッツァの日 Apr-2014」_a0120513_2145982.jpg

そして、歩荷農場限定。
その日の朝に産まれたばかりの放し飼い卵を使った「歩荷のとろとろカルボナーラ」。
「ピッツァの日 Apr-2014」_a0120513_20331354.jpg

他にも旬の素材を使った特別メニュー、「本日のピッツァ」もお楽しみに。
「ピッツァの日 Apr-2014」_a0120513_2015432.jpg

元気いっぱいの産みたて卵や厳選素材を使って、その場で焼き上げる石窯ピッツァ。
とってものどかな農場にて、みな様のお越しを心よりお待ちしております。

歩荷農場駐車場にて、午前11時から午後3時頃までの営業ですが、売り切れの場合
はどうかご容赦くださいませ。
一般の方もお召し上がりいただけますので、お気軽にお立ち寄りください。
もちろんテイクアウトもOKです。(ピッツァ各種1枚700円~)
by bocca-farm | 2014-04-23 20:37 | お知らせ | Comments(0)

我が家の卵をふんだんにご利用いただいている稲沢駅前のおうちカフェ「an.」さん。
「Le temps pour maison an. 4周年」_a0120513_180656.jpg

祝、4周年。
「Le temps pour maison an. 4周年」_a0120513_1845897.jpg

素敵なパッケージの中には。
「Le temps pour maison an. 4周年」_a0120513_1752985.jpg

記念ケーキAタイプ。
「Le temps pour maison an. 4周年」_a0120513_181654.jpg

記念ケーキBタイプ。
「Le temps pour maison an. 4周年」_a0120513_1813370.jpg

7月上旬にリニューアルオープンされるとのこと、増々のご活躍が心より楽しみでなりません。

●「Le temps pour maison an. 」
ル タン プール メゾン アン 
稲沢市駅前1-12-11
TEL 0587-24-8608
10:00~17:00
定休日 土日祝(不定休あり)
by bocca-farm | 2014-04-20 18:14 | 地産地消 | Comments(0)

「山椒 Apr-2014」

定植してから約7年。
「山椒 Apr-2014」_a0120513_19122831.jpg

たいした手入れはしていませんが、ずいぶん立派になった我が家の「山椒」。
「山椒 Apr-2014」_a0120513_19124132.jpg

今年も収穫時期を迎え、柔らかい新芽辺りの葉を摘み取りました。
「山椒 Apr-2014」_a0120513_1913228.jpg

やはり、旬の筍料理には欠かせない「山椒」の葉。
筍は、いつものようにいただきものですが、季節を味わうことのできる嬉しいひと時です。
by bocca-farm | 2014-04-18 19:39 | | Comments(0)

「月桂樹 Apr-2014」

4月の月桂樹(ローリエ)。
今年も見つけました。
「月桂樹 Apr-2014」_a0120513_19382193.jpg

白く小さな花つぼみ。
by bocca-farm | 2014-04-17 19:44 | | Comments(0)

「メイの思い 140416」

「メイの思い 140416」_a0120513_19185053.jpg

2014年4月16日 AM11:00 晴れ 気温19℃
by bocca-farm | 2014-04-16 19:19 | やぎ | Comments(0)

「ヒメオドリコソウ」

「ヒメオドリコソウ」は、野原や畦道に咲くヨーロッパ原産の帰化植物で、茎は四角い断面をして
おり、その節には唇形をした小さな赤紫色の花が輪生します。
春の日だまりに群生しているその形状が,笠をかぶった踊り子たちの姿を思わせることから付
いた名前とのこと。
「ヒメオドリコソウ」_a0120513_17503567.jpg

「ヒメオドリコソウ」は、他の花が少ない時期には、ミツバチにとって重要な蜜源となります。
花が小さいので蜜量は少ないようですが、花粉の量は意外と豊富で、訪花したミツバチが足
に付ける花粉団子は、真っ赤な色に染まります。

●「ヒメオドリコソウ」姫踊子草(Lamium purpureum) / シソ科オドリコソウ属 越年草
by bocca-farm | 2014-04-13 18:16 | 生物多様性 | Comments(0)