ようやく、そのほとんどが卵を産むようになった春の若鶏たち。
「今日のニワトリ 120530」_a0120513_22304890.jpg

今日から、屋外解放です。
by bocca-farm | 2012-05-30 22:33 | | Comments(0)

「梅仕事 小梅①-2012」

紀州熊野の山口農園さんから、小さな青梅が届きました。
「カリカリ小梅」を歯ごたえ良く仕上げるための未熟な小梅です。
「梅仕事 小梅①-2012」_a0120513_20111820.jpg

今から急いで焼酎殺菌、塩漬け作業に取りかかります。
いよいよ今年も「梅仕事」の始まりです。
by bocca-farm | 2012-05-27 20:36 | 梅仕事 | Comments(0)

「検査結果 120418」

4月18日に行なった本年度第1回「鳥インフルエンザ」モニタリング検査の結果。
「検査結果 120418」_a0120513_15534318.jpg

抗体検査、ウイルス検査ともに以上のとおり陰性です。
by bocca-farm | 2012-05-26 15:55 | 検査結果 | Comments(0)

「ジャガ畑 開花-2012」

土寄せから2週間の「ジャガ畑」。
「ジャガ畑 開花-2012」_a0120513_19553926.jpg

薄紫の小さな花が咲きました。
by bocca-farm | 2012-05-24 20:02 | | Comments(0)

「空豆 収穫-2012」

「空豆」の収穫も始まりました。
今年は実入りもしっかりで、なかなか良い出来。しかもアブラ虫まで全くいません。
「空豆 収穫-2012」_a0120513_22182688.jpg

通常「空豆」はアブラ虫が付きやすく、今まではいくつかの弱い株に必ずびっしりと群がって
いたのですが、それが全くいないとは、よほど丈夫に育ってくれたのでしょう。
「空豆 収穫-2012」_a0120513_22185336.jpg

せっかくなので、収穫したばかりの「空豆」をまるごと炭焼きに。
「空豆 収穫-2012」_a0120513_2226693.jpg

莢が膨らんで、こげ目が付いたら食べ頃。
「空豆 収穫-2012」_a0120513_22261456.jpg

まさに「食」の極みです。
by bocca-farm | 2012-05-22 22:43 | | Comments(0)

「初産み May-2012」

「春の雛鳥」たちが、歩荷農場にやって来て約2ヵ月。
待ちに待った「初産み」が始まりました。
「初産み May-2012」_a0120513_20241550.jpg

歩荷農場では、ほとんどの鶏たちが地面の上で卵を産みません。
皆、卵が産みたくなると自らネスト(巣箱)に入ります。
「初産み May-2012」_a0120513_20242841.jpg

人気のある部屋は、いつも定員オーバー、満室状態。
「初産み May-2012」_a0120513_20243777.jpg

産まれた卵は、通路側の網のトレイに転がっていくので、泥や糞が付くこともなく、鶏たちが
混み合っている中で割れて汚れることもありません。
「初産み May-2012」_a0120513_20244915.jpg

これからしばらくの間、毎朝ネストは、とっても小さな「初生み卵」でいっぱいになります。
by bocca-farm | 2012-05-20 21:13 | | Comments(0)

「不耕起栽培」、夏野菜その2。
「不耕起栽培 夏野菜②-2012」_a0120513_20135663.jpg

ナス、万願寺トウガラシ、カボチャ。
「不耕起栽培 夏野菜②-2012」_a0120513_20134648.jpg

しっかりと耕すことで、土中にはたくさんの酸素が入ります。これにより、一時的にはふかふか
の土になったような気がしますが、酸素を必要とする好気性バクテリアが増殖し、アンモニアを
亜硝酸、硝酸塩へと分解します。この時に酸素と有機物を消費して二酸化炭素を放出すること
になり、土中の有機物が激減してしまうというわけです。つまり、論理的には、耕せば耕すほど
土は痩せてしまうということになります。
「不耕起栽培 夏野菜②-2012」_a0120513_20142223.jpg

我が家の自己流「不耕起栽培」。
①耕しません。②毎年、同じ場所で同じ野菜を育てます。③農薬は使いません。④除草剤も
使いません。⑤化成肥料は使いません。⑥元肥は施しません。⑦肥料はできる限り控えます。
⑧有機マルチとビニールマルチを併用します。⑨コンパニオンプランツを活用します。
by bocca-farm | 2012-05-19 21:14 | | Comments(0)

「番人」

ポストの「番人」。
「番人」_a0120513_2036257.jpg

毎日、ご苦労さま。
by bocca-farm | 2012-05-18 20:37 | 風景 | Comments(0)

歩荷農場では、今まで自家鶏糞を利用した循環型農業にこだわり、野菜の無農薬有機栽培
を実践してきましたが、以前より、「不耕起栽培」には心魅かれるものを感じており、今年から
一大決心で挑戦してみることに !!!
「不耕起栽培」とは、文字どおり畑を耕さずに作付けする栽培方法。
昨年の夏野菜畑を全く手付かずの状態で、そのままに放置しておきました。
「不耕起栽培 夏野菜①-2012」_a0120513_21233188.jpg

前作の根や雑草を残すことにより、その根が枯れた後に根穴構造が発達することから、土の
中の根が枯れた後は連続気孔となり、団粒化した軟らかな土になるとのこと・・・。
「不耕起栽培 夏野菜①-2012」_a0120513_21584013.jpg

「不耕起栽培」にも適する野菜とそうでないものがあるようで、トマト、キュウリ、ピーマン、 ナス、カボチャ、オクラ、豆類などは良くでき、根菜類や葉菜類は難しいそうです。
「不耕起栽培 夏野菜①-2012」_a0120513_2158567.jpg

というわけで、先ずは「不耕起栽培」に適している夏野菜から。
トマト、キュウリ、ピーマン。
「不耕起栽培 夏野菜①-2012」_a0120513_220326.jpg

全くの自己流「不耕起栽培」なので、上手く行くかどうかは分かりませんが、”失敗を恐れること
無かれ” 挑戦あるのみと心得ます。
by bocca-farm | 2012-05-17 22:38 | | Comments(0)

「ナガミヒナゲシ」

鶏舎裏の草むらで、毎年その勢力を拡大しているオレンジ色の魅惑的な花は、地中海原産の
帰化植物「ナガミヒナゲシ」。ケシの花と言っても阿片(アヘン)の原料となるアルカロイドは含ん
でいないので大丈夫。
「ナガミヒナゲシ」_a0120513_20273043.jpg

美しい花なのですが、繁殖力が旺盛で生態系に与える影響を心配する声も多いとか。
どうやら朝咲いた花は、夕方には散ってしまうようで、儚い花故の繁殖力なんでしょうね。
この「ナガミヒナゲシ」、早めに駆除しないと手に負えないほど広がってしまうとのことですが、
我が家の必殺技を使えば、間違えなく数日で跡形もなく消え去ってしまうことになるので、
しばらくの間は様子を見ることにしたいと思います。
我が家の必殺技とは、”鶏たちを野に放つ” という裏技です。

●「ナガミヒナゲシ」長実雛芥子(Papaver dubium) / ケシ科ケシ属 一年草(越年草)
by bocca-farm | 2012-05-15 21:18 | 生物多様性 | Comments(0)