「なたね油を味わう会」

昨年は、とても少ない量しか収穫できなかった菜種。愛知食油さんのおかげにより、何とか油に仕上がって戻ってきた時には既に年末近くとなっており、参加メンバーの方たちと「なたね油」を味わう機会もなく年が明けてしまいました。
忙しさに紛れている間に、何と再び「菜の花」の季節になってしまいましたが、先週末の土曜日に遅ればせながら「そとうちエコごはん」の皆さんと「なたね油を味わう会」を開催しました。
「なたね油を味わう会」_a0120513_21454257.jpg

当日は快晴の空に恵まれ、釜煎り「なたね油」独特の香ばしい風味を味わっていただくため、
屋外で揚げたて 「天ぷら」を食すことに !!
「なたね油を味わう会」_a0120513_2146184.jpg

「天ぷら」は、歩荷の自家製塩糀漬けささみをメインにアスパラ、筍、揚げる直前に摘んだばかりのヨモギの新芽
「なたね油を味わう会」_a0120513_21461388.jpg

せっかくの機会なので、「なたね油」で自家製マヨネーズとドレッシングも作りました。
「筍のなたねマヨネーズ木の芽添え」と「旬の野菜サラダなたねドレッシング&ウフ・マヨネーズ」。
ご飯ものは、あっさりと「とりそぼろのちらし寿し」。
「なたね油を味わう会」_a0120513_2146357.jpg

散りゆく「菜の花」を横目に、手間ひまかけて作り上げた「なたね油」を満喫。
あらためて「なたね油」作りを続けていくことの意義、すばらしさを実感しました。
by bocca-farm | 2012-04-30 23:09 | 農 [なたね] | Comments(0)

「春の雛鶏」たちがやって来て、1ヵ月と10日。
「今日のニワトリ 120427」_a0120513_21531585.jpg

どうやら歩荷農場の暮らしにも慣れたようで、皆一回り以上大きくなりました。
「今日のニワトリ 120427」_a0120513_21532715.jpg

まだまだ鶏冠(とさか)も可愛いままですが、あとしばらくで小さな卵を産み始めてくれるはずです。
by bocca-farm | 2012-04-27 22:27 | | Comments(0)

「ヨモギ」

歩荷農場にある「ヨモギ」の群生では、新芽が勢いよく育ち始めています。
「ヨモギ」_a0120513_21454731.jpg

「ヨモギ」はミネラル・ビタミンが豊富で、漢方では効能の多い薬草。
古くから毒気、邪気を払うと信じられ、端午の節句に菖蒲とともに浴湯に入れたり、軒下につるしたりする風習が残っている地方もあるそうです。
また、葉裏の毛を集めたものを艾(もぐさ/燃え草という意味)といい、お灸に利用されるほど良く燃えることから、善燃草(よもぎ)と呼ばれるようになったという説もあります。

●「ヨモギ」蓬(Artemisia princeps) / キク科ヨモギ属 多年草
by bocca-farm | 2012-04-25 22:38 | 生物多様性 | Comments(0)

我が家の鶏肉は、純国産鶏「もみじ」のひね肉。1年間卵を産んでいた親鶏の肉です。
臭みがなく、旨味の強さは抜群ですが、とてもかたいのが難点。
「ささみ」や「むね肉」は、比較的柔らかくて食べやすいのですが、「もも肉」はかなりかたいので、今までは煮込み料理にするか、一度圧力鍋で炊いて柔らかくしてから利用するなどのひと手間(工夫) が必要でした。
そこで、”食感を柔らかくして、旨味を引き出す。” という「塩糀」のお手並み拝見。
「ひね鶏もも肉の塩糀漬け焼き」_a0120513_2102140.jpg

通常1~2時間で食べられるとのことでしたが、ここは強敵「ひね鶏もも肉」、柔らかくなることを
信じて一晩漬け込むことにしました。
「ひね鶏もも肉の塩糀漬け焼き」_a0120513_2103623.jpg

驚くことに、焼いた「ひね鶏もも肉」は、一般的な地鶏 (生後、約100~130日のそこそこ歯ごたえ
のある若鶏。)と変わらないほどの柔らかさに。さらには、熟成された深い味わいが・・・。
(「塩糀」に漬け込んだものを焦がさないよう火加減に気を付けながら焼いただけで、他の調味料は一切使っていません。)

恐るべし「塩糀」。

~「ひね鶏もも肉の塩糀漬け焼き」 畑の菜花を添えて~
by bocca-farm | 2012-04-24 22:12 | | Comments(0)

昨年度から、月に一度の割合で実施してきた愛知県西部家畜保健衛生所による「鳥インフルエンザ」モニタリング検査。今年も4月から1年間、継続実施することになりました。
「鳥インフルエンザ検査 2012」_a0120513_20532348.jpg

先日、第1回目の「鳥インフルエンザ」検査として、血液の抗体検査と粘膜におけるウイルス分離検査を実施しました。(今年も随時、検査結果の全てを公開していきます。)
「鳥インフルエンザ検査 2012」_a0120513_20541878.jpg

昨年は、幸いにして日本国内での「鳥インフルエンザ」発生はありませんでしたが、中国や台湾などアジア各国では、継続的に発生しているのが現状です。
歩荷農場では、今後も決して気を緩めることなく、「隔離飼育」よりも衛生的で安全な「放し飼い」の確立を目指します。
by bocca-farm | 2012-04-21 21:46 | 飼養管理 | Comments(0)

「菜の花畑 満開-2012」

一面に漂う甘い香り。
「菜の花畑 満開-2012」_a0120513_1515352.jpg

目に染みるほどに鮮やかな黄色。
「菜の花畑 満開-2012」_a0120513_15162977.jpg

絶え間なく続く、日本ミツバチの羽音。
「菜の花畑 満開-2012」_a0120513_15172057.jpg

「菜の花畑」、満開です。
by bocca-farm | 2012-04-19 15:19 | 農 [なたね] | Comments(0)

4月15日発行の「一宮タウン情報誌 Egg(エッグ)」春夏号で、歩荷農場が紹介されました。
「一宮タウン情報誌 Egg(エッグ)」_a0120513_21265418.jpg

少し緊張気味の ”おすましメイ” も登場しています。
by bocca-farm | 2012-04-18 21:37 | マスメディア | Comments(0)

「塩糀 ②-2012」

「塩糀」の仕込みから3週間。
糀の粒が簡単につぶせるぐらいに柔らかくなり、香りもまろやかに。
とろみ具合もほどよく、どうやら完成したようです。
「塩糀 ②-2012」_a0120513_19562087.jpg

仕込みからしばらくの間は、気温が低かったのか醗酵があまり進まず、予想以上に時間がか
かってしまいましたが、何とかよい塩梅(あんばい)に仕上がって一安心。出来上がった「塩糀」は、保存用のビンに移して冷蔵庫で保管します。(半年ぐらいは大丈夫とのこと。)
これからは、お塩の代わりに「塩糀」。お料理するのが、楽しくなります。
by bocca-farm | 2012-04-16 20:44 | 麹仕事 | Comments(0)

「メイの思い 120415」

「メイの思い 120415」_a0120513_19492422.jpg

2012年4月15日 PM5:00 晴れ 気温17℃ 「菜の花」八分咲き
by bocca-farm | 2012-04-15 19:58 | やぎ | Comments(0)

今年も ”地球に感謝する日” アースデイが、名称を「アースデイ愛知」から「アースデイ名古屋」
と改め、4月28日(土)、29日(日)の2日間、名古屋栄の久屋大通公園もちの木広場、テレビ塔周辺で開催 (10:00~19:00) されます。
私たち歩荷農場は、アースデイの ”すべての思想・立場・主義をこえて地球に感謝する” という趣旨に賛同、「アースデイ名古屋」を応援しています。
「アースデイ名古屋2012 Around the tower」_a0120513_1950467.jpg

アースデイは、地球に感謝し、行動する日。
おいしいご飯、わくわくする音楽、すてきな家族や仲間。
当たり前のくらしの中にある、
たくさんの「感謝」を持ち寄った、年に一度の祝いの祭り。
あなたも参加しませんか?

「アースデイ名古屋2012 Around the tower」 公式サイト http://earthday-nagoya.com/


●お問い合わせ事務局
アースデイ名古屋2012 Around the tower 実行委員会 
名古屋市北区清水5-10-8 グリーンフェロー1F みどりの屋根INUUNIQ
TEL : 052-911-1003 FAX : 052-911-1003
E-mail : info@earthday-nagoya.com
by bocca-farm | 2012-04-13 20:19 | お知らせ | Comments(0)