「手作り味噌 ①-2012」

何年も前から取り組んでみたかった「手作り味噌」。
当初は”大豆まで自家栽培で” などと無謀な夢をみていたため、思いのほかスタートが遅れて
しまいましたが、上質な大豆を取り寄せることができ、ようやく準備が整いました。
「手作り味噌 ①-2012」_a0120513_20261335.jpg

取り寄せた大豆は、有機栽培の「あやこがね」。
先ずは、水でよく洗います。
「手作り味噌 ①-2012」_a0120513_20281786.jpg

洗った大豆を浸水させるため、大きな鍋に移します。(我が家では、27cmの寸胴を使用。)
「手作り味噌 ①-2012」_a0120513_2039575.jpg

大豆が水を吸って倍以上に膨らむので、水加減はたっぷりと。
「手作り味噌 ①-2012」_a0120513_2045080.jpg

そのままの状態で、1日置きます。
いよいよ明日は、本格的な仕込み作業に取りかかります。

● 材料(味噌約10Kg分) / 有機大豆3Kg 生米糀3Kg 海水塩900g 
by bocca-farm | 2012-03-30 21:01 | 麹仕事 | Comments(0)

今日は、皆さんお待ちかねの「ピッツァの日」。
「本日のピッツァ 120329」_a0120513_2057399.jpg

風もなく、うららかな春の日差しの中、石窯PIZZA屋台「boccheno(ぼっけーの)」さん
歩荷農場にて開店です。
「本日のピッツァ 120329」_a0120513_21102314.jpg

今回から屋外イートインスペースも充実。
「本日のピッツァ 120329」_a0120513_21194951.jpg

ちらほらと色づき始めた菜の花畑を眺めながら、やさしく美味しい時が流れていきます。

「本日のピッツァ 120329」_a0120513_21524797.jpg「本日のピッツァ 120329」_a0120513_21534827.jpg

定番メニューは、もちろんのこと。
「本日のピッツァ 120329」_a0120513_21545652.jpg

歩荷農場限定メニュー、お馴染み「歩荷のとろとろカルボナーラ」。
「本日のピッツァ 120329」_a0120513_21595914.jpg

そして「本日のピッツァ」は、「塩糀チキンの和風ピッツァ」。
「本日のピッツァ 120329」_a0120513_227129.jpg

柔らかく風味豊かな塩糀チキン、シャキシャキした食感が楽しいレンコンとの取り合わせが
絶妙です。
by bocca-farm | 2012-03-29 22:22 | 地産地消 | Comments(0)

「空豆 Mar-2012」

” 暑さ寒さも彼岸まで ”。
「空豆 Mar-2012」_a0120513_205542.jpg

そろそろ「空豆」たちもお目覚めです。
by bocca-farm | 2012-03-27 21:19 | | Comments(0)

「塩糀 ①-2012」

味噌作りのために取り寄せた有機米の「生米糀」をちょっとだけ利用して、万能調味料と評判の「塩糀」なるものを仕込んでみました。
「塩糀 ①-2012」_a0120513_18483246.jpg

ボウルに糀を入れパラパラの状態にほぐします。
「塩糀 ①-2012」_a0120513_19124628.jpg

糀の重さの30%になるよう塩を量ります。今回は、味わいがとてもまろやかな非直火式低温製法による「奥能登海水塩」を使用。この海水塩も味噌作りのために取り寄せたものの流用。
「塩糀 ①-2012」_a0120513_19233522.jpg

ボウルの中で糀と塩をよく混ぜ合わせます。
「塩糀 ①-2012」_a0120513_1927027.jpg

容器を樹脂製のものに移し、全体が浸るぐらいの水を加えよく混ぜ合わせます。

翌日、糀が吸水し、水が減っているので、再び全体が浸る程度の水を追加。
1日1回程度かき混ぜながら、常温で2週間ほど醗酵。糀の芯がなくなり、甘い香りがしてきたら完成です。(夏場は、1週間。)

● 材料 / 生米糀500g 海水塩150g ミネラルウォーター500cc
by bocca-farm | 2012-03-25 19:56 | 麹仕事 | Comments(0)

「検査結果 120215」

2月15日に行なった第11回「鳥インフルエンザ」モニタリング検査の結果。
「検査結果 120215」_a0120513_1963785.jpg

抗体検査、ウイルス検査ともに以上のとおり陰性です。
by bocca-farm | 2012-03-24 19:09 | 検査結果 | Comments(0)

来週の3月29日木曜日は、「ピッツァの日」。
4ヵ月ぶりに石窯PIZZA屋台「boccheno(ぼっけーの)」さんが来場です。
「ピッツァの日 Mar-2012」_a0120513_202981.jpg

国産小麦粉と天然酵母の自家製生地を薪の力で焼き上げた本格ナポリピッツァ。
「ピッツァの日 Mar-2012」_a0120513_20252296.jpg

マルゲリータ。
「ピッツァの日 Mar-2012」_a0120513_20312667.jpg

4種のチーズ。
「ピッツァの日 Mar-2012」_a0120513_2032914.jpg

歩荷のとろとろカルボ。
「ピッツァの日 Mar-2012」_a0120513_20331354.jpg

歩荷農場駐車場にて、午前10時30分から午後3時頃までの予定ですが、売り切れの場合は
どうかご容赦くださいませ。(ピッツァ各種1枚700円~)

一般の方もお召し上がりいただけますので、お気軽にお立ち寄りください。もちろんテイクアウトもOKです。
by bocca-farm | 2012-03-23 20:52 | お知らせ | Comments(0)

「ジャガ畑 Mar-2012」

鶏舎裏の「ジャガ畑」で、「春ジャガ」の植え付けを行いました。
「ジャガ畑 Mar-2012」_a0120513_2140546.jpg

今年は、我が家のお気に入り「インカのめざめ」の種イモが手に入らなかったので、仕方なく
後継種(?) の「インカのひとみ」を作付けることに。
「ジャガ畑 Mar-2012」_a0120513_2142519.jpg

こちらも初めての「北海こがね」。煮崩れしない「メークイン」タイプとのこと。
「ジャガ畑 Mar-2012」_a0120513_21463774.jpg

イモの切り口にしっかりと草木灰をまぶし、殺菌処理。
「ジャガ畑 Mar-2012」_a0120513_21491312.jpg

種イモにもかかわらず、色鮮やかで美味しそうな「インカのひとみ」。
「インカのめざめ」のような ”滑らかな食感と栗のような濃厚な味わい”は、如何に・・・。
「ジャガ畑 Mar-2012」_a0120513_215458.jpg

新しい品種となった我が家の「ジャガ畑」。6月の収穫が楽しみです。
by bocca-farm | 2012-03-22 22:15 | | Comments(0)

「春分」

二十四節気、「春分」。
”自然をたたえ、生物をいつくしむ” ための国民の祝日。
「春分」_a0120513_19295340.jpg

穏やかな日差しの中、「土筆」の姿を見つけました。
by bocca-farm | 2012-03-20 19:38 | 暮らし | Comments(0)

「春の雛鶏 Mar-2012」

今日、「春の雛鶏」たちが歩荷農場へやって来ました。
「春の雛鶏 Mar-2012」_a0120513_19561346.jpg

1月中旬から昨晩まで続いていた雛導入の準備作業もようやく終わり、”ほっと一息”。
「春の雛鶏 Mar-2012」_a0120513_195730100.jpg

鶏の銘柄は、ゴトウの「もみじ」。国内シェア、わずか6%の貴重な純国産鶏です。
「春の雛鶏 Mar-2012」_a0120513_20391664.jpg

昔の「もみじ」は、穏やかで飼いやすい性格だったそうですが、最近は育種改良の反動なのか
気性も激しく、とても神経質。飼育には、細かい気遣いとかなりのテクニックが必要となります。
「春の雛鶏 Mar-2012」_a0120513_2046990.jpg

一方、赤玉の一般銘柄(シェア90%以上)である「ボリスブラウン」などは、外国産鶏を主体に
多くの鶏種を交配した雑種ということもあり、驚くほど穏やかな性格でとても飼いやすい鶏です。
(歩荷農場では、以前「ボリスブラウン」を飼育していました。)
「春の雛鶏 Mar-2012」_a0120513_21426100.jpg

では何故、歩荷農場では、飼育に必要以上の手がかかる「もみじ」という銘柄にこだわるのか。それは、純国産鶏であるという意義以上に、私たちの知る限りにおいて、卵質、肉質ともに抜群に優れているからです。
「春の雛鶏 Mar-2012」_a0120513_21225368.jpg

生産者として妥協することなく、”納得できるもの作りを行う” ということは、容易なことでは
ありません。
「元気いっぱい」の雛鶏たちと共に、また新たな暮らしが始まります。
by bocca-farm | 2012-03-19 22:00 | | Comments(0)

「燃焼消毒」

雛導入に向け、高圧洗浄が完了した鶏舎で床土を焼いています。
「燃焼消毒」_a0120513_19265035.jpg

歩荷農場では鶏舎の飼育室内において、洗浄剤や消毒薬などを含む一切の薬剤散布を行いません。(その代わり鶏舎に入る人間に対しては、適切な消毒を行います。)
そのため、薬剤を使用しない消毒処置として、強力な高熱バーナーを使用して「燃焼消毒」を実施しています。熱に弱い細菌や虫卵などを焼いて死滅させる「燃焼消毒」は、極めて効果的な細菌、寄生虫対策の一つです。
by bocca-farm | 2012-03-16 19:52 | 飼養管理 | Comments(0)