「生姜ご飯」

先日、佐賀県七山から届いた「新生姜」で、「生姜ご飯」を炊きました。
「生姜ご飯」_a0120513_1831281.jpg

せっかくの「七山七福生姜」なので、余分なものは何も入れません。
「生姜ご飯」_a0120513_1974787.jpg

作り方は、とってもシンプル。
生姜を千切りにし、しばらく水にさらしておきます。
お米は、よく研いで30分ほど水にひたしてから、ザルで水をよく切っておきます。
「生姜ご飯」_a0120513_19394127.jpg

我が家で15年以上愛用している土楽窯の黒鍋(土鍋)で炊き上げます。(この素敵な土鍋のお話は、また別の機会に・・・。)
土鍋にだし汁と調味料、お米を入れて平らにならします。その上に生姜の千切りを均等にのせ蓋をします。
「生姜ご飯」_a0120513_194061.jpg

初めは、弱火で約5分。土鍋が温まってきたら中火から強火に。
ブクブクと沸騰してきたら、一度蓋を開閉し弱火にします。約10分ほどで炊き上がりますので、
様子を見ながら最後に5秒ほど強火で追い炊きします。
「生姜ご飯」_a0120513_1955314.jpg

火を消して、蓋をしたまま15分ほど蒸らして出来上がりです。
「生姜ご飯」_a0120513_19573848.jpg

食欲の秋。立ち込める生姜の香りとさわやかな辛み、思わず箸がすすみます。

● 材料(4人分) / 米2合 生姜80g だし汁(昆布)400cc 酒20cc みりん20cc 薄口醤油40cc
           
by bocca-farm | 2011-10-30 20:11 | | Comments(2)

「棉畑 Oct-2011」

10月の「棉畑」。
「棉畑 Oct-2011」_a0120513_18101651.jpg

心地よい秋晴れ。
綿花の収穫は、ゆっくりと続いています。
by bocca-farm | 2011-10-29 18:25 | わた仕事 | Comments(0)

「なたね播種 2011」

来春に向けての「なたね播種」。
「なたね播種 2011」_a0120513_19354474.jpg

例年どおり「菜の花エコプロジェクト」で、稲沢市から配布された「なたね」(ナナシキブ400g)を
約400㎡の畑に播種しました。
「なたね播種 2011」_a0120513_194173.jpg

今年は収穫した「なたね」の出来が良くなかったので、刈り取った雑草で焼畑を行い、自家鶏糞とカキガラに加えてEMぼかしで念入りに土作りを行ないました。
「なたね播種 2011」_a0120513_19582999.jpg

お馴染みの播種機「ごんべい」も大活躍。1時間も経たないうちに、作業は無事に完了です。
by bocca-farm | 2011-10-28 20:14 | 農 [なたね] | Comments(0)

「大根 Oct-2011」

二十四節気の霜降(そうこう)を過ぎた途端、急に朝晩の冷え込みが厳しくなりました。
そろそろ” おでん” の美味しい季節です。
「大根 Oct-2011」_a0120513_2031090.jpg

我が家の「大根」たちも、どうやら順調な様子。収穫が待ち遠しい気分です。
by bocca-farm | 2011-10-26 20:56 | | Comments(0)

「鷹のつめ 2011」

収穫した「唐辛子」を竹ざるに広げ、陰干しにして約3週間。
「鷹のつめ 2011」_a0120513_19334616.jpg

色鮮やかな真紅の「鷹のつめ」、仕上がり間近です。
by bocca-farm | 2011-10-25 19:35 | | Comments(0)

「なたね油 ⑦-2011」

9月24日に行なった「唐箕がけ」、「篩いがけ」による仕上げ作業の後、もう一度塵などが混ざっていないかなどの再確認を行ないながら、搾油工場へ配送するための梱包準備を進め、ようやく発送できる手はずが整いました。
「なたね油 ⑦-2011」_a0120513_20343687.jpg

以下は、搾油していただく愛知食油さんの打ち合わせにおける最終的な見解です。
「なたね47Kgをこの分だけ搾油するのは非常にむずかしいですね。油の量がたぶん15Kg位と思われます。搾油はできますが、精製する工程で普通は、油200Kg位を水と攪拌してオリ分を下げますが、15Kgの油でオリ分が下がるかが問題です。やってはみますので送っておいてください。」(※ オリ分 ・・・ 不純物)
私たちも、さすがに少し悩みましたが、やはり今回はあえて他の菜種を混ぜることはせず、無理を承知で単独搾油をお願いしようと思います。
「なたね油 ⑦-2011」_a0120513_20413718.jpg

計量して米袋に入れた「なたね」を、さらに米用のダンボールで梱包して発送します。
「なたね油 ⑦-2011」_a0120513_20422594.jpg

結果はどうなるかわかりませんが、商売度外視で相談に応じていただいた愛知食油さんの心意気、職人魂に感謝し、全てをお任せしたいと思います。
まさに「人事を尽くして天命を待つ」といった心境です。
by bocca-farm | 2011-10-23 20:56 | 農 [なたね] | Comments(0)

「うまい ! の極み」

CBCテレビ「うまい ! の極み」に、自然卵「歩荷」が旬の食材として登場。
放映において詳細は紹介されませんが、番組ホームページで歩荷農場の特徴を詳しく紹介していただけるとのこと。乞うご期待。
「うまい ! の極み」_a0120513_2023362.jpg

「うまい ! の極み」 11月8日(火) 夜9時54分より CBCテレビにて放映です。
by bocca-farm | 2011-10-22 20:25 | マスメディア | Comments(0)

石窯PIZZA屋台「boccheno(ぼっけーの)」さん、歩荷農場へ初登場。
「歩荷の卵のとろとろカルボ」_a0120513_200054.jpg

本日のメニューは、この5種類。

「歩荷の卵のとろとろカルボ」_a0120513_2031650.jpg「歩荷の卵のとろとろカルボ」_a0120513_20112314.jpg

マルゲリータも絶品ですが、やはりお薦めは「歩荷の卵のとろとろカルボ」。
「歩荷の卵のとろとろカルボ」_a0120513_20132695.jpg

国産小麦粉と天然酵母の自家製生地をその場で延ばし、

「歩荷の卵のとろとろカルボ」_a0120513_2020129.jpg「歩荷の卵のとろとろカルボ」_a0120513_20225548.jpg

「歩荷の卵のとろとろカルボ」_a0120513_20453849.jpg「歩荷の卵のとろとろカルボ」_a0120513_20455826.jpg


石窯の中で燃え上がる薪の力で一気に焼き上げます。

「歩荷の卵のとろとろカルボ」_a0120513_20465057.jpg「歩荷の卵のとろとろカルボ」_a0120513_20485581.jpg


せっかくの機会なので、我が家のランチもぜひ焼きたてピッツァと思っていたのですが・・・。

「歩荷の卵のとろとろカルボ」_a0120513_20543345.jpg「歩荷の卵のとろとろカルボ」_a0120513_20545378.jpg


何と午前中で早々と完売してしまい、残念ながらいただくことはできませんでした。
「歩荷の卵のとろとろカルボ」_a0120513_2112696.jpg

そこで今回食べる事のできなかった皆さんと我が家のために、次回の出店を急遽決定。
11月17日(木)、石窯PIZZA屋台「boccheno(ぼっけーの)」さん、再び歩荷農場へ登場です。
by bocca-farm | 2011-10-20 21:11 | 地産地消 | Comments(0)

歩荷農場では、年に何度か自主的に飼養環境や卵についての細菌検査を行なっています。
先日、農大実習生の研修の一環として、巣箱周辺の「環境細菌検査」を実施しました。

「環境細菌検査 Oct-2011」_a0120513_196165.jpg「環境細菌検査 Oct-2011」_a0120513_1910223.jpg

鶏舎の埃と巣箱内の卵に対して、滅菌綿棒による拭き取りを行い、寒天培地へ塗布します。寒天培地は、DHLとデオキシコレートを使用し、培地にコロニーが検出されるかどうかでサルモネラ菌群および大腸菌群の汚染状態を検査します。

「環境細菌検査 Oct-2011」_a0120513_19203232.jpg「環境細菌検査 Oct-2011」_a0120513_1921820.jpg

結果は、サルモネラなどの悪い細菌の汚染は見られず、産卵環境の衛生状態が良好に保たれていることが再確認できました。

あと数日で、農大実習生鳥居くんの研修が無事に終了。40日間、本当にお疲れさまでした。
by bocca-farm | 2011-10-19 22:57 | 飼養管理 | Comments(0)

「飼料米 Oct-2011」

鶏たちの「お米」も無事に育ち、
「飼料米 Oct-2011」_a0120513_18144451.jpg

稲刈りの時を待ちます。
by bocca-farm | 2011-10-18 18:30 | 飼料米 | Comments(0)